忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
2017/05/24 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/05/17 (Sun)
「ブタがいた教室」を観た。

なんだかよくわからんけど号泣でしたよ。
命をもらって生きてる存在だってことを、たまには思い出してもいいと思いました。
「頑張って生きてきた命を無駄にすることは野蛮なんだ」という言葉が印象的だった。

PR
2009/05/15 (Fri)
で人を待つ午後9時半。(ボーダーキャミ&ボーダーパンツ)

飲みに行こうと言っていた同期が今日に限って仕事が入ったようで、
なんならまったりできる宅飲みにしようと。
私だけ8時に帰宅し白ワイン(ロバートモンダヴィのシャルドネ)を用意して同期の到着を待っております。

***
以前がっさり借りこんだDVDをちまちま観ているのですが、
どうも間延びする作品が多くていけないですね。。。
リンクはらないけど「RENT」と「ダージリン急行」をどちらも途中下車。「RENT」はミュージカルでオープニングテーマが良かったので借りたんだけどねーー
なにかおすすめあったらぜひ。

***
福岡伸一の「生物と無生物のあいだ」を読了。
以前の「動的平衡」は幅広い内容でとっかかりやすかったけど、こちらは完全に福岡氏の研究に特化。おもろいです。
一番読んでてびっくりかつ感動したのは、「ある細胞がまるごと最初からない場合には、体の構造がそれを察知してバックアップ機能を働かせるのに、ある細胞の1/3を人為的に無くした状態で成長すると不都合が生じて死んでしまう」というところ。

例えばテレビなら、ある基盤の一部が欠けていても音出なかったり画像乱れながらも動く一方で、それがまるごとなかったら致命的でしょう。
でも、人体はそうじゃない。

すごい調整機能だと驚く反面で、人工的な欠損にはよほど注意しなきゃいけないな、と思いました。
人が人工的に創り上げてきたもの。
遺伝子組み換えの大豆が普及しないのは、体の奥のほうで人工的なものによる欠損を恐れているんじゃないのかなー。
センチメンタルすぎ?

ま、こう書くと「添加物全部怖い」とかってなってしまう人もいるから、ほどほどですが、口にしなくてもいいならしないほうがいい、くらいで。
でも、食べたものが全部胃でばらばらにされて、ちっさいアミノ酸になって、体全部にばらまかれているって思ったら、ちょっとは体に気を遣おうって思いますよねー

昨日午後10時回ってから丸ごとバナナを半分喰らった横でした。
2009/05/11 (Mon)
動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか
動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか/福岡伸一

これを読んだら、今動いている関節や臓器や細胞のひとつひとつに対して、祝福の乾杯をしたくなります。

分子が絶えず入れ替わりながら、拡散しようとするエントロピーと折り合いをつけて平衡状態を保っている。
その効果としての「私」。なんてちっぽけで偶然に満ちているんだーーー

・食べ物に気をつけようと思います。食べたものがすなわち私。
・2万個の体のパーツを作って組み合わせても人間にはならない、機械とは違って人間には「時間(タイミング)」という軸がある。
・人間は分子の営みをどこまでコントロールできるんだろうか。よいか悪いかはさておき、巻き戻した時間を帳尻つける日がくるんじゃないのか?
・サプリの罠。

明日は「生物と無生物のあいだ」を買います。
2009/05/10 (Sun)
「キンキーブーツ」を観た。
三代続いた靴屋を立て直すために、社長が取った方向転換とは・・?という、実話に基づいたストーリー。

これが・・・おもしろかったよーー!
ネタバレで申し訳ないが、服装倒錯者(女装好き)の人のために、細いヒールで男性の体重をちゃんと分散するブーツを作り始めるのです。
クラブの花形・ローラ(男性)のキャラが最高に良かった。歌も上手いし、言っていることに色気があります。色気ありすぎて笑っちゃったりもするけど。
最後のミラノでのショーが型破りですごくよかった。天使ダンサーズに歌舞伎ちっくな化粧の人がいて新鮮でした。
戸田恵子に似てる助演女優がかっこよかったぞ。

「What can I do?」って言ってても何事も始まらない!とにかく進めー!!と背中を押してくれる映画です。

***
昨日のPerfumeのライブは期待を裏切らないコスパぶりで安心しました。やはりかしゆかは可愛い。
途中ディスコっぽいノリで、昔の曲をリミックスしてくっつけていたのが嬉しかった!踊りまくりました。
6歳とか4歳とか、小さい子も来ていて可愛らしかったなあ。
pinoのCMソングの「night flight」が初お披露目でしたけど、ハンディホンを真似た踊りやカートを押している踊り、歌詞とノリ、「ワンルームディスコ」でちょっと冷めた私のPerfumeに対する愛を復活させるにあまりある一曲でした。ナカタヤスタカ素晴らしい。
2009/05/08 (Fri)
「好きだ、」を帰ってきてから観た。
宮崎あおいの年齢不詳っぷりが素晴らしい。
しかしながら感傷的で今の私にはどうも合わなかった、こういう感覚忘れちゃったのかなあ。。。

夏の前の暗い夕暮れに雨が少しだけ降っている景色は、自分がそこにいるとものすごくさみしいくせに映像になると美しい。
「うまくいかないときどうする?」
という質問は的を得ている、私だったら白い紙に向かう。もしくはお風呂で好きな本を読んで寝る。
みんなならどうするだろう?

***
この前ブログを全部読み直しました。そしたらずいぶんひとりよがりだったーーー。
もう恥ずかしくて恥ずかしくて。
人に伝えたいことも一人称の世界じゃ届くわけないね。
できるだけ、自分の思いが形成された背景も書こうと思います。

***
5連休ですっかり仕事にやる気が出ない私は明日からの休みがとても嬉しい。
明日は夜perfumeの代々木体育館ライブがあるので、できたらその前に渋谷のトレチャコフ美術館展にいきたいなあと思っております。「忘れえぬ人」がいるらしいのよ。
あとは奈良の本を買いたいなーー
ワイン&日本酒のある日常をお届けします☆
Notes
広告<忍者ブログ/[PR]