忍者ブログ
[151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142] [141]
2017/09/20 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/04/06 (Mon)
飲んだくれ日記。

シャトー・モンペラ/ボルドー 2006


ドメーヌ・ルモワスネ レノメ/ブルゴーニュ 1999

ここぞとばかりにワインを飲んだ土日。

一本目は名前だけは何回も聞いたことのあるモンペラです!
1000円前半のボルドーがごろごろある上野松坂屋にてこれをセレクト。以前に高畠のワインを早飲みしすぎて、美味しくなってきたころには残り1杯分・・・とい悲しい出来事があったので今回は慎重に飲みました。
樽の香りが心地よいおいしいワインでした。

二本目はなぜか「ピノが飲みたい」と思い伊勢丹にて購入したルモワスネ。
実は初めてブルゴーニュを本気で飲んだのです。(値段がお高いのでなかなかボトルは買えなかった・・・)

いや、これは、おいしかった!!!
いちごやキャンディーみたい、という私のピノに対する思いが変わりました。口当たりがなめらかでほんのりとしているのにこの余韻の長さは何だー!!!
ベリー系の香りもするけどフルーツではない、最後はどことなくスモーキーな感じもするし・・・
エレガントの意味がようやくわかったのでした。ブルゴーニュ素晴らしい。

ワインと言えばボルドー、チリ、スペインなどなど「がっつり濃くて重い」のが好きでしたが、このピノに会って好みが変化しそうです。

そういえばこれも飲んだ。

ヴィーニャマイポ /チリ

コンビニで700円くらいで買えるチリワインです。
けどこれが意外にもおいしかった!重すぎず余韻がふわっと軽くて、でもカベルネのしっかり感はちゃんと出ていて。渋みが得意じゃない人におすすめです。ピノよりはしっかりしてるので料理にも合わせやすいかと。
酸化の足は早いので(スクリューキャップして一日廊下においておいたらもうだめでした)、その日中に飲みましょう。

以前はグラスワインでいろいろ種類を飲むのが好きでしたが、一本がどんどん変わっていくのを目の当たりにしているほうが楽しいなあ、と最近思うのです。
私の場合「おいしい!」は2杯目~3杯目くらいで一気に来るので、グラスではもしかしたらワインの一番を楽しめていないのかも、と思って。
そして何より店で飲むより遥かに安く済むのです。笑

ワイン→そのまま寝るというGPを二回も繰り返した土日でした。ぐふ
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ワイン&日本酒のある日常をお届けします☆
Notes
広告<忍者ブログ/[PR]